アスベスト除去工事

アスベストは、高度成長期に建築資材として広く使われてきました。ですが、その後この資材が人体に悪影響を及ぼすことが知られ、アスベストが使われている建物の多くで除去作業が行われています。

既存の建物からアスベストを除去する工事はもちろん、解体工事に伴う処理もお任せください。
環境省が制定した各基準に沿って、安心かつ安全に工事を行います。

アスベストの危険性

高度成長期、工事関係者を中心に、肺が線維化する肺線維症、肺がん、悪性中皮腫などの発症が相次ぎ、その後アスベストが関与していることがわかると国を挙げてその使用は制限されました。

現在、この時期に建てられたビルの多くが老朽化により建て替えや改装の必要があり、アスベストの除去対策の必要性が高まっています。

アスベスト除去工事の流れ

アスベスト除去工事の際は、「労働安全衛生法」や「石綿障害防止規則」など、さまざまな法令を遵守することが義務づけられています。

当社では経験豊富な資格保有者が、アスベストの診断から安全を徹底して作業します。

1.工事前現場調査
      ▼
2. 工事箇所の養生
      ▼
3. 負圧除じん装置設置
      ▼ 
4. セキュリティゾーン設置
      ▼  
5. 除去剤塗布
      ▼ 
6. アスベストの除去
      ▼ 
7. 工事後現場調査
      ▼ 
8. アスベストの袋詰め
      ▼ 
9. アスベストの運搬・処分

お問い合わせはこちら

・お電話:075-950-0768
・代表直通番号:090-8378-9898
・メール:お問い合わせページ

一覧に戻る

▲TOPへ